お問い合わせをいただいてから、システムを導入するまでの開発フローです。 お客様に満足頂けるシステムをご提供するためには、密なコミュニケーション(=ヒアリング)が最も重要であると、当社は考えます。一緒に課題を見つけ、1つ1つ解決していきましょう!
※ 小規模なシステムを例にしております。実際は案件の規模と複雑さで大きく変動します。
Step01

お問い合わせ

お問い合わせ どのようなご相談内容でも構いません。 以下のお問い合わせフォーム、またはEメールよりご連絡ください。
メールからのお問い合わせ

数営業日以内にご返信させていただき、打ち合わせ日の調整を行います。

Step02

ヒアリングシートに記入

ヒアリングシート記入 打ち合わせの前にヒアリングシートを送付致しますので、事前にご記入をお願い致します。 わからない箇所は空欄にしていただいても問題ありません。

Step03

打ち合わせ(面着/Web会議)

打ち合わせ まずは、ヒアリングシートの内容やお客様の話しをお聞きして、現状の業務を作業単位に分割します。 次に、作業とデータの流れを図にして、各作業の入出力と目的を明確にします。そして、流れ図から重複作業・機械的な作業(=自動化候補)を抽出します。

最後に、お客様が所有しているハード&ソフト&イントラ環境などを確認して、ご予算を考慮しながらシステム全体の方向性を決定します。

※お電話・メール・スカイプの何れかで打ち合わせを行うことも可能です。
(当社スタッフが出張訪問する場合は料金が発生します)

Step04

システム要求仕様書の作成

見積書・制作スケジュール作成 打ち合わせでの決定事項を元に、具体的なシステム構成を検討して要求仕様書を作成します。極力既存のハード・ソフト環境を活用し、費用対効果を最大限に考えた仕様に仕上げます。

Step05

見積書・開発スケジュール作成

見積書・制作スケジュール作成 システム要求仕様書をもとに、見積書と開発スケジュールを作成して送付いたします。


契約成立

システム要求仕様書の内容に納得頂き、お見積書の金額に同意頂けましたら、正式発注となり契約成立となります。
iTanetではお見積金額の半分を「着手金」として頂戴いたします。ご入金が確認でき次第、開発に着手します。


Step06

システム開発(設計~テスト)

設計図(ワイヤフレーム) 以下のソフトウェア開発工程で、システムに必要なソフトを開発します。

  • システム設計/データベース設計
  • 画面設計(ユーザIF)
  • 実装(コーディング)
  • 単体・結合テスト
  • システムテスト

初回に開発したプログラムは試作品で、次ステップでお客様に使用していただきます。そして、お客様のご要望に応じた仕様変更を加え、本ステップで完成品を開発します。

※ システム要求仕様書に記載の無い機能追加が発生した場合は、別途料金が発生します。

Step07

システム完成&導入(初回:試作品、2回目:完成品)

原稿や写真の準備 初回の試作品は実際の現場に導入して、お客様に使って頂きます。使うことで気づいた問題点・改善点を抽出して、2度目のソフト開発工程の設計に反映します。こうして完成品の完成度を高めます。

Step08

更新・運用・アフターフォロー

更新・運用・アフターフォロー 既に試作品でシステムを利用しているため、完成品の運用で混乱が起こることは少ないですが、万が一のトラブルが発生してもご安心ください。当社にて全面的にサポートさせていただきます。 システム導入後、半年以内は文字修正・動作の不具合は無償で対応させていただきます。