当社では、お客様の大切な情報をお預かりして業務を行っており、 情報漏洩のリスクにおいては、二重・三重の予防策を講じることでリスクを極力低減しています。 以下に、当社のセキュリティ対策の概要を示します。

外的要因

  • 指紋認証ドアロック

    キーレスのドアロックを採用することで、鍵を紛失した際のリスクを無くすのと同時に、ピッキング等による不審者の侵入を防ぎます。

  • ファイアウォール

    インターネットからの不正アクセスを抑制して、社内ネットワークにつながる端末を保護します。

  • 情報機器はセキュリティワイヤで固定

    万が一不審者が社内に侵入しても、サーバやパソコンが盗難されないように、ワイヤーで繋ぎ止めておきます。

  • HDDパスワード設定

    パソコンが盗難・紛失にあった場合でも、ハードディスク(HDD)から情報が流出しないように、パスワードでロックします。

図:セキュリティ対策

内的要因

  • 技術者の教育

    情報セキュリティの基礎教育はもちろん、情報漏洩による影響(被害者への損害の大きさ、謝罪費用・調査費用といったコスト面や、企業としての信頼低下など)について考えることで、日頃から危機意識を持つように心がけています。

  • 開発用PCの保護&機能制限

    アンチウィルソフトを導入してウィルス感染を防止したり、メモリースティック(USB)やCD/DVDなどの記憶メディアへの書き込みを制限して、情報が社外に出ることを抑制します。

  • 社内ルール制定

    携帯カメラの使用、社外メール送信やSNS利用など、情報漏洩につながる行動についてルールを設けています。

データ保護

  • RAID1導入(ミラーリング)

    ハードディスク(HDD)の物理的破損によるデータ消失を抑制します。

  • UPS導入(瞬電対策)

    落雷による停電・サージや瞬電による電源喪失からサーバを保護することで、ハードディスクの破損を抑制します。